2007年 06月 11日
カエルツボカビ症 ついに野生界へ
カエルツボカビ症が野生カエルで発見!

恐ろしいニュースです。
アタクシの中では、地球温暖化の恐怖も吹っ飛ぶほどの災厄ですよ・・・。
日本国内の「野生」ウシガエルから、ツボカビ症が検出されたそうです。
ツボカビ症は、両生類のみ感染し、致死率は90%と言われています。

海外では、一部カエルが絶滅したり、絶滅寸前になっている場所、種がある模様です。

カエルが動かなくなったり、ひっくり返しても反応しなかったり、動作が鈍いと、感染している恐れがあるのですが、むやみに水を流したり、捨てたりすると、感染の拡大につながるので、絶対に捨てないでほしいです。また、カエルに触ったり、カエルのいる水に触っても、人が宿主になって媒介するほど、繁殖力が強い菌ですので、必ず消毒が必要です。

ご近所の野生カエルにも、上記のような不審な行動をしていたり、死んだカエルを見つけたら、下記研究機関に相談することも必要かと思います。



もし、日本で、海外でもツボカビ症の拡大が止まらなくなると、生態系に深刻な問題が発生することは、容易に予想されます。

カエルがいなくなる→カエルを食べる捕食動物(ヘビ、鳥など)が減り、カエルが食べている昆虫が増える→昆虫が増加し、植物が食害される。
昆虫が増加する→農作物の食害が増える→収穫量が減る&昆虫が運ぶ病原菌なども増加する→動植物の病気が増える→環境が破壊され、作物が育てられなくなり、人間の食べる食料が足りなくなる。

ちょっと極端かもしれませんが、生態系の重要な位置にある両生類、カエル類がいなくなることは、今後の環境にどのような悪影響が出るか、考えただけで本当に恐ろしいです。


カエルツボカビ症については、下記リンクで詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。
なお、両生類以外の鳥、哺乳類、植物には感染しません。くれぐれも誤解の無いよう、注意してください。

WWF-Japan

WWF ツボカビ症対応獣医師リスト

麻布大学

環境省

なお、トラックバックのチェーン化を防ぐため、この記事のみトラックバック不可としました。
[PR]

# by Snowleopard01 | 2007-06-11 22:58 | ひとりごと | Comments(0)
2007年 06月 10日
雪豹の赤ちゃん@モニター

雪豹の赤ちゃんが生まれています。


5月19日夜に、多摩動物公園の雪豹、マユが一頭の赤ちゃんを産みました。
写真は、6月2日の様子ですが、雪豹日記には出していない写真です。
暗視カメラと、モニター越しの映像のため、不鮮明なのですが、上大部分を占めている
マユが右下にいる赤ちゃんの首の辺りを舐めているしぐさがお分かりでしょうか?

今週は多摩へ行けなかったので、どんな様子か分かりませんが、この写真より成長している
はずです。モニター越しですが、今後も赤ちゃん紹介をしようと思っています。

パパはシンギズですが、これで8頭目の子どもになります。(死産など除く)
オスかメスか分かりませんが、それはもうちょっと後になりそう。
f0139512_23122673.jpg



使用カメラ:Pentax K10D and FA80-320mm
[PR]

# by Snowleopard01 | 2007-06-10 23:20 | 雪豹 | Trackback | Comments(6)
2007年 06月 09日
エキサイトへやってきました!
えー、このたび、ヤフーからエキサイトブログに引っ越してきました。
雪豹日記のホームページは今までも、これからも作っていきますが、ブログはまだまだ初心者マーク状態なので、変なことになるかもしれません。
至らぬ点、お見苦しい点がございましたら、何なりとお知らせくださいまし。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


写真は、多摩動物公園のシンギズです。
気持ちよさそうにカキカキしていますが、今は抜け毛の季節。
風に流れて冬毛の名残が飛んでいきます。 うちのネコも、それは同じ。ブラシを見せると大喜びでやってきて、ブラッシングしている間は、ゴロゴロ喜んでいます。

f0139512_22143251.jpg

使用カメラ:Pentax K10D and FA80-320mm
[PR]

# by Snowleopard01 | 2007-06-09 22:33 | 雪豹 | Trackback | Comments(5)