タグ:星 ( 7 ) タグの人気記事

2014年 11月 03日
星空写してみました
9月下旬に、星の撮影をやってきました。
カメラはPENTAXのK-3、レンズはDA10-17mmの魚眼レンズです。

撮影地は清里、美し森という所です。
本当は野辺山の公園で撮影する予定が、霧に包まれていたため、
急遽移動して見つけたのがここだったのです。

北の空に向けて、3分間、ISO3200、F4.5の条件で撮影したのがこちら。
f0139512_01391038.jpg
RAWで撮影したので現像しています。
色合いを調整して、こんな感じだったかな?と思うものにしてみました。
通常、3分間の撮影では、当然星は流れます。
今回はGPSユニットを使って星の動きに合わせてカメラ内の撮像素子を
動かしながら撮影させたので、星が止まって見えるようにできました。

今度は、タイムラプス動画に仕上げてみたいな。


ログインができず、どうしたものかと困っていたのですが、
ブラウザの設定が問題と分かり、ようやく更新が出来ました。
長かった・・・


[PR]

by Snowleopard01 | 2014-11-03 01:44 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 29日
半影月食
今夜は半影月食の日。
太陽の反対側にある地球の影は、地球の大きさの分だけ影が重なる本影部分と、
その周辺の薄暗い半影部分に分かれるのですが、この日の月は半影部分を通過する
半影月食の日に当たります。

半影月食
f0139512_036197.jpg

ほんのり右側が薄暗いですよね。

比較として2010年元旦の満月です
f0139512_036597.jpg

半影月食と比べると、薄暗いところがありません。

ちなみに、地球の本影に月が入ると、皆既月食になります。
皆既月食
f0139512_0424985.jpg

2011年12月10日の皆既月食の様子です。
地球の影に入ると赤い色の月になります。
部分日食や皆既月食はよく聞きますが、半影月食はあまり聞き慣れない言葉でした。
[PR]

by Snowleopard01 | 2012-11-29 00:50 | | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 21日
雲間から
5月21日朝、日本の太平洋側で金環食が見られました。
しかし、この日の天気は曇り。それでも望みを捨てず、日食の撮影を試みました。

06:44
f0139512_943326.jpg

途中雲が厚くなり、撮影できない時間が過ぎて行き、
金環食は見られないのではないかと、本気で思ってしまう時もありました。
でも・・・
07:31
f0139512_95044.jpg

雲が薄くなり、撮影ができるようになりました。

07:33
f0139512_951780.jpg

金環食

ND100000フィルターではこの撮影ができず、
フィルターを外して撮影を行いました。
遮光フィルターも、この状況では役に立ちませんでした。

あまり好ましくなかったのですが、フィルターなしで雲に投影された
金環食を見ることができましたが、白いリングが空に浮かぶ様子は
とっても不思議な感覚でした。
金環食中は確かに薄暗くなり、ほんのり夕方になったような見え方でしたよ。

07:37
f0139512_955214.jpg
使用機材:PENTAXのK-7、F100-300mm、マルミND-100,000

再び雲が薄くなり、フィルターを取り付けて撮影。
月が左下方向へ移動を続け5分ほどの金環食も終わりました。

本当は雲のない状態で見たかったのですが、やっぱり残念です。
さらに、皆既日食の方が劇的な変化があるので、そちらを見てみたかった・・・

次回は11月14日、オーストラリアで皆既日食が見られます。
[PR]

by Snowleopard01 | 2012-05-21 09:41 | | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 20日
23日の太陽です
明日の金環日食、本当に楽しみですが天候が不安です。
晴れてくれたらこんな太陽が写ってくれると思っていたのですが・・・

23日の太陽
f0139512_23284043.jpg
使用機材:PENTAXのK-5、FA80-320mm、マルミND100,000フィルター
トリミングをしております。
黒点もちゃんと見えていますけど、活動的な黒点の数ではないように思いました。

雲があると撮影時のシャッタースピードなど遅くさせる必要がありますし、
太陽が見えないと意味がありません。
期待半分、不安半分な状態で当日を待っておりますけど、
ちゃんと起きないともっと意味がありませんよね。
[PR]

by Snowleopard01 | 2012-05-20 23:41 | | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 23日
M42 オリオン大星雲
つい60分前に写した写真です。

M42 オリオン大星雲

f0139512_037065.jpg
PENTAXのK-5、FA☆400mm、O-GPS1使用
ISO:800、F:8、15秒露光

品川の自宅から写したので光害が激しく、エアコンなど周辺から発生するノイズが多く、
ベランダからの撮影のためGPSは時々途切れる状態でした。
アストロトレーサーは動きましたが完璧な追尾にならなかったのですが、
これが撮れるなんて、写ったときは嬉しかったですよ。

もっと暗い所に行けば、今までと全く違う星の写真が撮れそうな気がします。



あ、今年はまだ動物園に行けてません。今日か明日、多摩に行けると思います。
動物の写真はその時写したものをアップできればと思っております・・・
[PR]

by Snowleopard01 | 2012-01-23 00:46 | | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 11日
皆既月食と・・・
2011年12月10日の夜に見られた皆既月食です
地球の影で赤く染まった皆既中の月
f0139512_0304931.jpg


皆既が始まるまで雲に隠れたりして、ちゃんと見られるかヒヤヒヤでしたけど、
無事見られてよかったです。でも、天頂付近にあるため首が疲れたしカメラも真上を向けていたため
ちょっと疲れましたよ。

西の空には・・・

木星
f0139512_0305361.jpg
PENTAX K-7、FA☆400mm
木星が明るく見えているので、写してみましたが・・・
なんと衛星も写っていました。カメラ用レンズなので像性能とかあてにしていなかったけど、
意外と頑張っていたように思います。
木星の写真はトリミングしています。
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-12-11 00:42 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 22日
彗星が写ってた
先週、ふたご座流星群が絶好の条件で見られるとあって、忘年会だったのに、
お酒を飲まず、終了後、直ちに車で箱根へ撮影を兼ねて出かけたのです。

ところが、御殿場ICを出たとたん、タイヤ付近からギーギー異音が聞こえるになってしまい、
焦ったアタクシは途方に暮れてしまいました。

初めて聞くそれは嫌な音でして、例えるなら黒板に爪を立ててギ~っと出すような感じ・・・。
深夜のため、親に電話をかける訳に行かず、車検証入れに入っていた保険会社に電話。
時間も時間でしたがすぐに来てくれて、ブレーキパットが減っているからこんな音が出るといわれ、しばらく走ると消えるからと、応急処置もせずに終わりました。

走り始めはあの嫌な音が聞こえ、極力ブレーキを使わずに箱根の山道へ。
そうしたら、本当に音が消えてしまうではないですか。 確かに、交換時期だったし、車検だし、良かったと思ったのはつかの間、すでに流星群がたくさん流れる時間になってしまい、急いで山の上へ。
到着してみると、一面星空に覆われ、絶好の機会!! と喜んで撮影の準備をはじめたところ、セットが終わった瞬間、辺り一面が霧に覆われていました・・・。
結局、一枚も撮影できず、旅行運の絶望的な無さと、山の神様を恨みながらフテ寝していたら、もう朝になっていました。

でも、きれいなオレンジ色の富士山と、青空が美しく、夜のことは忘れてしまうほど。でも、気温がマイナスだったので、とっても寒い中撮影していました。
f0139512_051959.jpg


実家に帰ろうと、車を動かすと、あの嫌な音が聞こえません。全く普通に戻っていたのです。
昨日の嫌な音も、流星群を見せないよう、山の神様の仕込みだったのかと思うと、がっかりです。
その晩、あきらめきれずに実家のテラスからバルブ撮影をやってみたのですが、当然流星なんて写りません。 この写真も、ボツとして、蔵入りが決定していました。
でも、画面右上にボヤッとしたものが写っており、これが何なのか気がつきませんでした。

あるサイトを見ていると、流星とともに、ホームズ彗星が写ったと写真が投稿されており、その位置がアタクシが撮った場所と同じでした。
そう、このボヤッとしたものは、彗星だったのです。

f0139512_057158.jpg
15/Dec/2007/23:10/192sec
K10D/DA14mmF2.8/4.5

2005年に写したマックホルツ彗星以来の彗星撮影でしたが、彗星を意図して写していないので、不鮮明で申し訳ありません。
[PR]

by Snowleopard01 | 2007-12-22 01:03 | | Trackback | Comments(0)