カテゴリ:ひとりごと( 50 )

2013年 10月 15日
寝させてくれない
昨夜、ほとんど寝られなかった。
その原因はうちの飼い猫、めんねん。

自分が寝るとガサゴソ遊び始めて邪魔します。
少し相手すると一緒に寝るのですが、
自分が寝るとまたガサゴソ・・・。
さらに顔を引っかいたりして徹底して邪魔してきました。

ご飯が食べたかったようですが、カリカリを置いているし、
それを食べたらいいのに、と思っているけれど、気に入らなかったのね。

おかげで今日の自分は↓のような感じ・・・
f0139512_1721220.jpg

眠いなり・・・
[PR]

by Snowleopard01 | 2013-10-15 17:34 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 11日
Windows8からこんにちは
WindowsXPと7から、7と8へ移行作業を行っております。
ようやく、目処が立ったように思うのですが、新PCへ7の入ったHDDを
移動させるのがまだなので、写真のアップは後日になります。
とりあえずのご報告まで・・・
[PR]

by Snowleopard01 | 2013-05-11 23:06 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 15日
ネズミ助けた
今日の夕方、六本木ヒルズに入ったところで、ネズミを助けちゃった。
六本木通りから階段を上って森タワーに向かうママンのいる広場で、
毛玉がこちらに向かってやってくるのを見つけました。

風に吹かれて転がる毛玉かと思ったら、シッポが見えたのですよ。
丸い耳に尖った鼻・・・ネズミだったのですよね。
直後、カラスが鳴きながら飛んできました。ネズミを追いかけていたようです。

すぐ隣を歩いていた通行人も気が付いたのですが、自分が先にネズミに手を向けていました。
直角に曲がった壁にネズミを追い詰めましたが、ネズミが反撃しないよう、指を鼻先に置いて、
ネズミを安心させたつもりにしたあと、手で包んで離そうとしたのですが、
そのまま服の中に入り込んでしまったのでした。

そのまま背中に入ってしまい、一人慌てる自分。ネズミを見つけた通行人の方も
大丈夫?と声をかけるのですが、そんな状態じゃない自分はカバンを置き、
背中に手を入れてもなかなか捕まえられず、もそもそ動くネズミがくすぐったくて・・・

3分くらい慌てていたのですが、とうとう捕まえることができて、茂みに離してやりました。
それにしてもネズミ・・・多分ハツカネズミかと思いますが、広いヒルズの広場を走ったのか
疲れていたのか分かりませんが、噛まれなくて良かったです。
もし噛まれたら病院へ急行しないといけないですからね・・・。

茶色で親指の半分くらいしかなくて、かわいかったなー♪


写真は全く関係ありませんが、梅のつぼみです。
f0139512_2391965.jpg

もう3月中旬だというのに、まだ咲いていません。
[PR]

by Snowleopard01 | 2012-03-15 23:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 06日
救命救急講習に行ってきた
消防署でやっている救命救急講習に行ってきました。
申し込みから3か月。待ちました・・・。

昨年、赤十字のAED講習を行って以来ですが、今回はより本格的な救命講習です。
そのため、基本の心肺蘇生法にAEDの使用法、気道異物除去、止血法を学びました。
赤十字の講習会では省略した乳児、小児の方法も行いました。

赤十字の講習会では、とにかく心肺蘇生法を繰り返し繰り返し行い、
ヘロヘロになるまでやらされたので、今回の実践でもほとんど間違えることなく
できたのは嬉しかったですよ。
ただ、回数は赤十字より少なく、スパルタ感も少なかった気がします。
それだけ赤十字の講習会は叩き込まれた感じがしました(笑)

もしもの時には、救急隊が到着するまでとにかく心肺蘇生法or胸骨圧迫法を
行い続けることが必要ですから、最低7分は1分間に100回胸骨を押し続ける必要があることを
考えると、AEDは本当に役に立つ存在ですよ・・・。
最近よく見かけるAEDですが、まだまだ設置数が足りないなと思います。
個人で所有しようと思って調べてみたら、1つ30万もする・・・

最後にテストが待っていましたが、決して難しい問題ではなかったので、
ホッとしながら筆記テストを行い、もらったのがこれ。
f0139512_2219242.jpg

東京消防庁、消防総監の文字が重い・・・

講習会ですから、正式な資格ではないけれど、知らないよりはずっとマシ・・・。
有効期限3年ですけど、万一の時には役に立てればいいなと思っています。
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-12-06 22:53 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 13日
DS4
”Citroën”
フランスの車メーカーです。

実は、高校生の頃からシトロエンが好きになってしまい、
いつか乗ってみたい車なんですが・・・なかなかその機会がありません。

当時、家族で乗る車は2人乗りのスポーツカー。
ミッションは1速から2速に変える時一度ニュートラルにシフトレバーを入れないと
上手くギヤが変わらず、パワステも無く重いハンドル操作、
頭の後ろにエンジンがあってうるさいし、乗車中の目線はトラックのタイヤより低い位置だし、
あっという間に200キロなんて出てしまう車は嫌いでした。
3人家族で2人乗り・・・必然的に自分は乗らず・・・。

数年前にようやく普通の車になってくれたのですが、
やっぱり自分としていつも憧れなのはシトロエンなのです。

そのシトロエンが、新しい車を発売したのでサイトをみると・・・あらカッコイイ・・・
http://ds4.citroen.jp/

Citroën DS4
2ドアの車に見えて実は4ドア5人乗り。
頭の上までフロントガラスは視界広々だし6MTだと自分好みの運転もできそうだし・・・
ちょっとコンパクトそうだけど、久々この車欲しい! と思ってしまったのでした。
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-11-13 01:54 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 19日
とてつもなく気になる新製品
カメラのアクセサリーですが、気になってしょうがない製品があるのです。
PENTAXから発売されるデジ一用「GPSユニット」でございます。

PENTAXのデジタル一眼レフに取り付けて、GPS情報を画像に記録できるようなものですが、
それだけではあちこちで見かけるGPSロガーと同じもの。
でも、「GPSユニット」は、星を追尾しながら撮影できる機能があるのです!

三脚にカメラを載せて、星の撮影を行うと地球の自転の影響で星が流れて線を引いてしまいますよね。
それを避けて星の動きを止めて撮影するには、高額かつ重量のある赤道儀を設置し、
北極星を見つけて緯度や方向を見つけ(これが大変)やっと撮影するのですけど・・・。

この「GPSユニット」は、GPSで今いる位置で緯度を把握し、カメラが向いている方角もコンパスでわかり、
撮影中はカメラ内の手振れ補正ユニットが自転に合わせて動いて赤道儀の役目を果たすそうな。
もう面倒な赤道儀の設定は要らないと思うと、試したくてたまりません。




ツイッターでも書き込んだ内容ですが、実は、自分がカメラを始めたのは動物写真からでは
ありません。風景などいろいろ撮影していた中、2001年のしし座流星群大出現を撮影していたのですが、
設定を誤りすべて未露光。記憶だけの思い出になったショックから、写真をはじめたのでした。

○○星雲など望遠鏡を使ってどーんと大きく撮ることは無理だと思いますが、
一面の星空を線を引かせることなく撮ることができるのは、自分にとって憧れの被写体・・・
手に入れることができたら、真っ先に試してみたいと思っております。
動物園ブログに商品の話題自体珍しいのですが、久々にウキウキする話題でしたので、書いちゃいました。


ただ、残念なことに今は梅雨真っ盛り。どこに行っても曇りや雨なので、
当分の間はこの機能はおあずけかも。晴れてほしいなぁ・・・。
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-06-19 00:57 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 28日
内戦の犠牲者
朝日新聞のサイトにショックを受けました。
アフリカ、コートジボワールの内戦が先日終わりましたが、
その影響は動物園に深刻な影を落としていたのでした。

見た瞬間に涙が出てしまい、何とかならないのかという気持ちでいっぱいになりました。
記事によると多くの動物たちは餓死し、死臭が漂い、写真のライオンは
かろうじて生きていましたが痩せこけて、本当にかわいそうな状態です。
カッと見開いた目が死んでたまるか!と言っているような印象を受けるのですが、
その後どうなったのか心配でなりません。

あの写真、忘れられない一枚になりました。
なんとか助けることができないのでしょうか・・・・
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-04-28 00:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 15日
祈願 より良い街へ
2011年3月11日
想像できないような地震と津波が発生し、多くの街、建物、人々、動植物が流されました。
4月に入っても、今でも地震の恐怖に苛まれる多くの人々・・・
原子力発電所の事故も足枷になっております。

発電所が一日も早く安定できる日が来ることを願いながら、
これから本格的な復興が始まりつつあるいま、どのような街にすべきなのでしょうか。。。

今まで常識だった防災の概念は根底から覆され、今までと同じ街並みを作るのは
難しいのではないかと思います。しかし、平地が少ない三陸地方では、
山の斜面に街を作ることも難しく、斜面を崩して平地にして街を作ったり、
(削った山の土砂は、地盤が沈下した分、平地を高くさせたり。自然破壊も発生しますが)
今までの平地は公園や田畑を造成し、万一津波が来たとしても、
あらかじめ大勢が地下に逃げられるスペースを作り、トンネルを延ばして高台まで
避難できるような地下通路を作ることで、十数メートルもの高い防波堤を作らなくて
済むような構築も必要かと考えます。

名取のような平地が広がるところでは、高い場所まで遠く、その間をトンネルで
結ぶのは非現実的ですし、効率も悪いため、地下トンネルは用意しても、行先は
1キロごとに1つなど、高さ50m位の場所に位置した避難塔へ向かわせたり、
津波から安全に逃げられるような設備も必要になるかと思いました。

これから、被災地域はあちこちで建設ラッシュになるでしょう。
いま、多くの方が仕事を失い、将来をどうしたらいいか迷われている方々がほとんどです。
街の復興のために地元の方を最優先に雇用して、避難しているみなさまも安心して戻れるような、
働いていただくような仕組みが必要だと思います。

将来予想される増税も覚悟しながら、自分は自分なりに少し多めに消費活動を行い、
出来るだけ内需拡大に貢献できたらいいなと思っております。


写真は今年1月、北海道へ向かう途中に写した塩竈から牡鹿半島にかけての風景です。
いま、この風景は様変わりしていると思いますが、いつの日かこのような街並み・・・
もとい、もっといい街に生まれ変わってくれていることを願っております。
f0139512_144311.jpg
画像を加工し、鮮明化しています
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-04-15 01:48 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 17日
残念
東日本大震災で、今までに経験のないほど多くの街がなくなり、
経験が無いほど多くの方が亡くなり、助かった方も苦しんでいる状況が続き、
余震の中懸命の救助が進んでいます。


人命救助優先なのは痛いほどわかっておりますが、いつも置いてけぼりになるのが
ペットなどの動物たち。
そんな中、悲しいニュースが。
アクアマリンふくしまの燃料がなくなり、飼育されている魚や熱帯の植物が
みな死んでいくというのです。

燃料が無い。燃料さえあれば助かる魚たち、人間さえ助けられないのに、
そんなものに回せるかと思われるかもしれませんが、それでも心が痛みます。
何とかならないのでしょうか・・・。

東京の動物園や水族館は、無期限休園に入ってしまい、当分の間
かわいい動物たちの姿を見ることができなくなりました。

この地震の後、自分も動揺し、少々精神不安の状態になっており、
病院に通うことになりましたが、今までと変わらず通勤し、出来る限り節電をおこなっております。
被災した方々を想えば、自分のことは小さなこと。暗いニュースが多いですが、
みんな笑顔で暮らせるよう、祈っております。
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-03-17 23:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 08日
やっと多摩へ行ける
今日、2月8日、ようやく多摩へ行けそうです。
雪豹日記をはじめてから、多摩に行っていない時期がこれだけ出来たのは
初めてではないかと思っております。
今日のユキヒョウたちは誰が出ているのか、楽しみですよ~!

写真は、全く関係なく円山の赤パンダです。
f0139512_164836.jpg
K-7、DA☆300mm

トコトコ木の通路を歩いているとき、ふとこちらを見つめてくれた一瞬でした。
でも、舌がチロリと見えていて、とってもかわいい表情になってくれましたよ。
でもこの子、誰だっけ?
[PR]

by Snowleopard01 | 2011-02-08 01:10 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)